クラフトビールとは?

クラフトビール クラフトビール

クラフトビールってなに?

最近よく聞くクラフトビール。ほんの少し前は「地ビール」と言うのが一般的だったような気も?
その名の通り地元で作ってるビール、と勝手に思い込んでいましたが果たしてどうなのでしょう。Wikipediaによると

クラフトビール (英語: craft beer) とは、英語で「職人技のビール」「手作りのビール」などを意味する表現で、大手のビール会社が量産するビールと対比して用いられる概念。日本語ではクラフトビアと表現されることもある。地ビールとも呼称される。

ざっくり言えば大手ではないビール、という事でしょうか。ざっくりしすぎでしょうか。まぁでも最初の知識は多分みんなこの程度、って思ってこれから勉強していきます。

クラフトビールの定義は今の私にはこの程度のざっくりしかわかりませんが、醸造家さんたちの想いがいっぱい詰まったビール、ということだけはしっかりわかります。クラフトビールの数だけ個性がある、ということですよね。

ブルワリー(醸造所)も多種多様で、日本全国コンビニで買えるクラフトビールもあれば、現地に赴かなくては出会えない小さな小さなマイクロブルワリーもあります。さらに今はクラフトビールのブルワリーがどんどん出来ています。すべてのビールを飲んでみたい!という思いもありますが、それを達するにはとてもとても長い時間がかかりそうです。

味、色、香り、その他様々な個性のあるクラフトビールを楽しんでいきたいと思います。そのために次の投稿ではビールの種類なども詳しく学んでいきます。おいしいもの、好きなものの事は詳しく知りたいですよね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました